JEPY

自分が気に入った商品や情報などをこだわりを持ってお届けします!

健康

VR体験で酔いやすい人に「酔い止め」が効くのか検証してみた!

PlayStation VRでゲームをしたり、VRゴーグルを付けて動画を楽しんでいると、不快感や吐き気を感じる人がいます。

私もそんな「VR酔い」をしてしまう人のひとりなのです。

VR酔いがどんな感覚なのか、同じような体験をしている人の声を集めてみました。

酔いやすいVR体験

ゲーム

酔った感覚も人それぞれ。仮想現実をリアルに感じてしまいやすいゲームの場合は、酔った感覚も大きいようです。

ゲームの中で動き回ったりするようなバイオハザードのようなゲームは、特に酔いやすいのです。

動画

ジェットコースターの動画も酔いやすいVRの一つです。

乗り物酔いしやすい人は、VRでも良いやすい傾向にあります。

VR酔いが起こる理由

VR酔いが起きる理由は、一般的な「乗り物酔い」と同じメカニズムです。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で目の前に見ている画面と、自分の生身の感覚との“ずれ”によって起こります。

画面の中では大きく体の位置が動くのに、実体験としては体が動かない状態。その状態が三半規管の混乱を生み、酔った状態になります。

酔い止め薬を飲んでみた

VR酔いが少しでも改善できたらと考える人は思ったよりも多いのです。

真っ先に思いつくのが、「酔い止め薬」を飲むことです。

販売店の人もオススメしているみたいなので、なんだか効果がありそうな気もします。

VRに酔い止めって効くか、そんな疑問にお答えしたいと思います。

答えは、「確実に効く」です。酔い止めは、VRで遊ぶ前に飲むのがオススメだけど、酔ってしまった後でもちゃんと効きます。

ただ、酔い止めは安くないので、少しでも安いお店から探したいところ。

少しでも安く!という人の声はやっぱり多いみたい。それだけ、酔い止めへの需要が高いのです。

おススメの酔い止め薬

Amazonの乗り物酔い止め の 売れ筋ランキングはこちらから

中でも、一番人気なのが、アネロン「ニスキャップ」。効きめにムラがなく1日1回の服用で長時間効果が持続する持続性の乗物酔い薬です。乗物酔いに効果的な5種類の鎮静・鎮吐成分が配合されていますので、はきけ・めまい・頭痛のつらい乗物酔いにもよく効きます。

-健康
-