JEPY

自分が気に入った商品や情報などをこだわりを持ってお届けします!

買い物

裂けてしまったケーブルを補修する方法!熱収縮チューブやゴム粘土で全解決

iPhoneやスマホの充電ケーブルは日常で使うものなので、裂けてしまうことも多いのです。一度裂けてしまうと、芯が露出してしまうので、断線してしまったり、最悪の場合、感電や火災の危険性まで高まってしまいます。

裂けてしまったケーブルは、すぐにでも買い換えたいところですが、値段の高いケーブルの場合は、買い換えるのを躊躇してしまいます。

そこで、熱収縮チューブやゴム粘土といった、最新のケーブル補修グッズをご紹介していきます。

熱収縮チューブ

熱収縮チューブは、裂けてしまったケーブルにかぶせて、ドライヤーの熱をあてると収縮して、上手に修復できる補修グッズです。かぶせてドライヤーをあてるだけなので、どんな人でも簡単!子どもにだって、できる方法として知られています。

Amazonや楽天といった通販サイトでも販売されているので、ケーブルが断線する前に注文して、早めの補修をオススメします!

1セット買っておくと、いろんな色のチューブがあるので、イヤホンなどカラフルな色のケーブルの補修にも使える!

ゴム粘土(シリコンラバー粘土)

次にオススメしたいのが、今話題の最新の補修グッズ。ケーブルの補修だけでなく、いろんな形に合わせて、自由に形を変えられるゴム粘土(シリコンラバー粘土)です。

特徴は、グッズの補修からキッチンDIVまで自由自在に形を変えられる万能性。

イヤホンのミツマタに分かれているところも、ゴム粘土を付けておくと、可愛く補強もできます。

裂けてしまったケーブルもかぶせるとしっかりと修復。

とれてしまったコップの取っ手も修復できてしまいます。

値段も安くて、いろんな応用もきく便利グッズなので、ぜひ使ってみてください!

-買い物