JEPY

自分が気に入った商品や情報などをこだわりを持ってお届けします!

買い物

ヘアチョークが今話題!トングタイプから100均パステルで見せたい自分に!

大胆なヘアカラーを短期間で試すのに便利な手段がヘアチョーク。そこで、そんなお手軽アイテムを使って思い通りの髪の色を実現する方法をお伝えしていきます。ヘアチョークでさまざまなイメージを演出することもできるので、おしゃれの力強い味方にしてみてください。海外アーティストなどが手掛けて話題になったヘアチョークを、100均のパステルを使って実践することができる方法もご紹介します!

目次

ヘアチョークって手があったのか!
ヘアチョークって何?
リーズナブルで手軽にできるヘアチョーク
ヘアチョークでイメージデザインしてみよう!
ヘアチョークで『見せたい自分』に変身!

ヘアチョークって手があったのか!

何か今日は羽目をはずしてみたい、いつもとは違う自分を演出したい…という気分になる時ってありませんか?パーティーにお呼ばれされたり、知らない場所に旅行に出かけたり、休みの日に一人で思い切りショッピングする時など、ちょっと奇抜になってもいいから、見た目が違う人になったみたいに変身してみたいって思ったら、どんなおしゃれをしますか?

服装やメイクに力を入れれば、かなりの割合で変身願望は叶えられるかもしれません。ついでに髪型も気合を入れていつもと違うセットをしてみたりすると、さらに雰囲気は変わるでしょう。しかし「さすがに髪の色はいきなり変えられない」ということに、気づくと思います。

服やメイクと違って、髪の色は一度染めたりすると通常なら、また染め直したりしない限りはなかなか短期間では戻せないもの。「今日だけ違った雰囲気にしたい!」という時も、髪の色を染めるということについては及び腰になってしまうのではないでしょうか?

でも、そんな時に朗報です。手軽に、そしてリーズナブルに、1日だけ髪の毛をさまざまな色に変えることのできる方法があるのです。その名も『ヘアチョーク』。しかも何と、100均で売っているアイテムで実現できます。

どうやってやるのか、どんな色に染まるのか、詳しくお伝えしていこうと思いますので、耳よりなおしゃれ情報としてチェックしてみてください!

ヘアチョークって何?

「ヘアチョークってどんなことができるの?」「何が良いの?」-そんな疑問を1つ1つ紐解いていきたいと思います。やり方をマスターしたら、とても便利な髪のおしゃれの武器になると思います。やり方は簡単ですが、ちょっとしたコツや注意点も挙げていきますので、じっくりとチェックしてみてください。

海外セレブに人気のヘアカラー法

ヘアチョークは、髪の毛にチョークをこすりつけて色を付ける方法です。海外のアーティストやセレブの間でも流行していて、複数の色を合わせてみたり、毛先だけ色を変える、メッシュ状に変色させるなど、さまざまなアレンジが楽しめます。

色は1日で落ちる

ヘアチョークは洗い流すことができので、1日限定でさまざまなヘアカラーが体験できます。従って、日替わりでさまざまなヘアカラーのバリエーションを楽しみながら、おしゃれを満喫することも可能になります。

豊富なカラーが試せる

ヘアチョークはピンクやグリーン、パープルなどさまざまなカラーがそろっており、豊富なカラーバリエーションが体験できます。先に挙げたように1日で色を落とせるという利点も合わせて、通常のヘアカラーだと躊躇してしまいそうな、大胆な色の組み合わせも容易に試すことができます。

材料はさまざま

チョークタイプ、コンパクトタイプ、リキッドタイプなどいろいろな種類があり、そしてリーズナブルな道具として、100均で売られているパステルも使えるということです。

リーズナブルで手軽にできるヘアチョーク

それでは、おなじみのダイソーなどの100円ショップで気軽に購入できるパステルを使ったヘアチョークの使い方を紹介していきましょう。普段は烏の濡れ羽色のような黒髪も、がらっと明るい印象に変えることができますよ!まずは好きな色のパステルで、試してみるのもいかがでしょうか?

100均パステルで簡単に

1、タオルを肩にかけ、色を付けたい部分に霧吹きを使って髪を濡らし、水気を軽くふき取ります。
2、いよいよ色を付けるのですが、髪の上から下にパステルをこすりつけていきます。色を全体的に行き渡らせたい場合は髪の毛をちょっとずつねじりながら入れていき、発色を良く見せたい場合は白のパステルを付けた上から色を入れていくのがおすすめです。
3、色を入れた部分をドライヤーで乾かし、色落ちを防ぐためにケープなどを使ってコーティングします。

髪の傷みを防ぐために

このようにして見ていくと、ヘアチョークは手軽で便利な方法ですが、パステルを材料とする場合はもともと髪に付けることを考慮してできたものではないため、髪がぱさぱさになるという指摘もあります。色を落とす際は普通にシャンプーするだけでOKですが、トリートメントなどでしっかりとケアすることが重要です。

また、ヘアダメージを防ぐため、髪をこすらずに、パステルを入れて溶かした水に髪を浸して色を付ける方法もあります。その場合は髪に色を付けた後、汚れてもいいタオルで水分をふき取ってからドライヤーで乾かします。

服装は汚れてもOKなものを

「さて、ヘアチョークで目いっぱい変身できたので、今シーズンに新調したおしゃれ着で外に出てみよう」…といきたいところですが、ちょっと待ってください!いくらコーティングをして色落ちを防ぐように対処していても、髪につけたパステルの粉が落ちて来ないとは限りませんので、ヘアチョークをした日はパステルの色がついてしまっても構わないような服を着ることをおすすめします。あまり高価な服とは合わせない方が良さそうですね。

ヘアチョークでイメージデザインしてみよう!

ここからは、ヘアチョークでどのような雰囲気のヘアデザインができるか、どのような髪にどのような色のヘアチョークが似合うかを考えていきます。ヘアチョークの可能性の広さを感じられることになると思いますので、「もし自分がやるなら…」など想像を膨らませながら見てみてくださいね。

髪の色に合わせてカラーを選ぶ

黒髪など暗い色の髪の毛にヘアチョークをする場合、蛍光のピンクや赤、青、緑などのカラーが映えると言われています。反対に、金髪など明るい色にすでにヘアカラーをしている場合はさらに合う色の選択肢は広がると考えて良いでしょう。例えば、ソフトでやわらかいトーンのカラーでもきれいに入ると言われています。さまざまな色合いを試してみてください。

ヘアスタイルに合わせてカラーを選ぶ

髪の毛が長い場合、ヘアアレンジと同じくヘアチョークもかなり自在なパターンを楽しむことができます。毛先のみ目立つ色をつけるとか、三つ編みなどである程度髪をまとめた上で複数の色を入れてみても目を引きます。複数のカラーを入れる場合も、例えば同系色でまとめてみてもきれいだし、虹のようにさまざまな色を取り入れて華やかさに彩ることもできます。

短髪の場合はメッシュのようにカラーを入れたり、例えば前髪のみ目立つ色を入れて際立たせるなどの見せ方が楽しめます。

ヘアチョークで『見せたい自分』に変身!

100均パステルのような手ごろな値段で手に入る道具も使え、色々な髪の色の見せ方やアレンジができるヘアチョークの魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?ダンサー風、アーティスト風のような外見をつくるイメージを抱いていた人もいたかもしれませんね。

さまざまな色が試せることから、キュートでフェミニンな雰囲気を醸し出したり、クールな印象を演出したり…など、さまざまな見せ方が可能になりそうですね!おしゃれをする時は、なじみのあるアイテムを使ってナチュラルにその人らしさを出していくという場合もあれば、「こんな風な人になりたい、こんな風に見せたい」という変身願望のようなものがモチベーションになる場合もあります。

ヘアチョークは、後者の望みを叶えのに心強い武器となり得るのではないでしょうか。ぜひ手軽に手に入るパステルなどを使って、見せたい姿に近づけるおしゃれも存分にチャレンジしてみてください。

-買い物