JEPY

自分が気に入った商品や情報などをこだわりを持ってお届けします!

買い物

【非球面レンズから選ぶ】VRゴーグルで人気の最強機種3選【2017年最新版】

2017/06/08

最近やたらと耳にする「VRゴーグル」ですが、VRとは「ヴァーチャルリアリティ」、つまり仮想現実のことです。

2017年は特にVRに対応したゴーグルが(HMD、ヘッドマウントディスプレイ)が何十種類も発売されていて、どれを選んだらいいか?という人も多いようです。

今回はそんなVRゴーグルを購入するときの選び方のポイントとして、噂の「VR酔い」も起こりにくくする「非球面レンズ」を採用したVRゴーグルをご紹介していきます。

非球面レンズと球面レンズの違い

上の画像を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、非球面レンズと球面レンズでは、ゴーグルをとおして見たスマホの画面はこんなにも違ってくるのです。

球面レンズでは、曲がったレンズの曲面によって、まっすぐのはずの向こう側の物体もゆがんで見えてしまうのです。VRの映像を見ると酔うといわれる「VR酔い」の原因の一つが球面レンズのゆがみによると言われています。

非球面レンズを採用したおすすめVRゴーグル

人気3:日本製の光学レンズを採用!「ETVR VRゴーグル」

おすすめ

  • 非球面光学レンズ:日本製の特別仕様の光学レンズなので、視覚疲労やめまいになりにくい。
  • 調節機能:ヘッドバンド、焦点距離と瞳孔間距離で、近視の方でもメガネが必要ない。
  • 対応するスマホ:4.5~6インチまで幅広く対応
  • カスタマーレビュー:Amazonでも78件(2017.1.17時点)の評価を集める人気機種
  • 総合評価:★★★☆☆

Amazonのサイトで購入する(価格3,100円程度)

人気2:ヘッドホン一体型!「DMY-CO 3DVR VRゴーグル」

おすすめ

  • ヘッドホン:ヘッドホン一体型のため、高い没入感が得られる
  • 調節機能:ヘッドバンド、焦点距離と瞳孔間距離で、近視の方でもメガネが必要ない。
  • 対応するスマホ:4.7~6インチまで幅広く対応
  • カスタマーレビュー:Amazonでは15件の評価(2017.1.17時点)数少ないヘッドホン付きで、非球面レンズを採用している唯一の機種
  • 総合評価:★★★★☆

Amazonのサイトで購入する(価格3,500円程度)

人気1:Amazon「3Dメガネ」でベストセラー1位!「Leelbox VRゴーグル」

おすすめ

  • 高いデザイン性
  • 調節機能:ヘッドバンド、焦点距離と瞳孔間距離で、近視の方でもメガネが必要ない。
  • 対応するスマホ:4.0~6インチまで幅広く対応
  • カスタマーレビュー:Amazonでも95件の評価を集める人気機種。3Dメガネのカテゴリーでベストセラー1位(2017.1.17時点)
  • 総合評価:★★★★★

Amazonのサイトで購入する(価格2,500円程度)

-買い物
-