JEPY

自分が気に入った商品や情報などをこだわりを持ってお届けします!

健康

【扁桃腺が痛い時の対処法】白い状態を放置すると危険?風邪や熱などチェックすべき症状とは?

扁桃腺が痛いと、食事も取れず喉に違和感があり、不快な症状の一つで、一刻でも早く治したいもの。急性扁桃腺炎を何度も繰り返すことで、徐々に慢性化し、慢性扁桃炎に変わっていくと、関節リウマチや腎炎も併発しやすいといわれています。扁桃腺が痛いのを緩和し、早めに治すにはどうしたらいいのか、詳しくまとめてみました。

扁桃腺とは?

扁桃腺とは、医学用語では「扁桃」(へんとう)とよばれています。のどの両サイドにあるTonsilsとかかれたくるみのような形をしているところです。

これは、リンパ組織からできており、扁桃腺は、口から体内に入ってきたウイルスや細菌から身を守る免疫の働きを担っています。扁桃腺はとくに5~7歳くらいまでは重要な免疫の役割を果たしていますが、大人になってからは、身体の他のリンパ節の免疫機能が中心となるそうです。そのため、大人の扁桃腺はそれほど重要ではないといわれています。

扁桃腺炎とは?

そして、この扁桃腺がウイルスや細菌などに感染して炎症を起こすのが扁桃腺炎です。

ウイルスとは、いわゆるどこにでもいる常在菌で「インフルエンザ菌」「溶血連鎖球菌」「肺炎球菌」「黄色ブドウ球菌」などです。このどこにでもいるウイルスが、風邪や、ストレス、過労、のどの乾燥、たばこ、飲酒によって扁桃腺にふえてしまい炎症が起こってしまうのです。

急性扁桃腺炎を繰り返すと慢性扁桃腺炎になる

あなたの扁桃腺の痛みはどのくらい続いていますか?

「急性扁桃炎」の場合、37~40℃前後の発熱があり、体のだるさに加えて喉から首にかけて張れたり痛みが生じます。ひどくなると唾を飲み込むだけでも痛むようになり、食べ物や飲み物を飲み込む時の痛みで、食欲まで失われていきます。発熱の前に胸や背中、手足などの関節痛や頭痛、寒気がすることも。そして、この急性扁桃腺炎を何度も繰り返すことで、徐々に慢性化し、「慢性扁桃炎」に変わっていくそうです。

どのくらい痛みの期間があるか、ずるずる繰り返し扁桃腺炎になっていないか、記録を付けておくとよいでしょう。

急性扁桃腺炎の原因と症状

まずは、扁桃腺が痛くなりはじめる急性扁桃腺炎の原因と症状を見ていきたいと思います。
初期の段階では、扁桃腺が赤く腫れたり、痛みが出始めたり、ご飯を食べるときに喉に違和感を感じたりします。急性扁桃炎は、のどの痛みが激しく、腫れるそうです。

原因菌として、細菌であるインフルエンザ菌、肺炎球菌、伝染性単核球菌、溶血性連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、ウイルスであるEBウイルス、RSウイルスなどです。

このウイルスや細菌が感染し、炎症をおこしてしまう引き金になるのは、大気中の粉塵、たばこ、飲酒、食べ過ぎ、ストレス、過労だといわれています。

扁桃炎を起こす菌は常在菌なので、ストレスや過労などで体力が低下すると、大人でも扁桃炎になります。扁桃炎を起こすと38度以上の発熱に加えて、喉・頭・関節・耳の痛みなどがあり、特に喉の痛みは強く出ることが多く、嚥下に支障をきたすほどです。顎下・頚部のリンパも腫れ、強い痛みを伴うため眠れないことも。口の奥にある扁桃が赤く腫れあがり、白い膿栓がつくこともあります。

そのうち治るだろうからとほっておいたり、良くなってきたからと途中で治療を自己中断してしまうと、急性扁桃腺が悪化して、扁桃腺周囲炎という腫れや痛みがさらに強くなってしまう場合もあるので、注意が必要です。自己判断は悪化のもとになりますので、やめましょう。

慢性扁桃腺炎の原因と症状

そして、この急性の扁桃腺炎を一年に2回以上繰り返す場合、慢性扁桃腺炎とよばれるようになります。この慢性扁桃腺炎の症状は、年に何回も高熱を出すのが特徴。口の奥の扁桃のところがくぼんでいて、そこに細菌がたまるため、全身へ感染が広がることもあります。溶連菌や黄色ブドウ球菌などの感染により扁桃腺周囲炎を起こした状態から、扁桃腺周囲膿瘍に移行することも。急性扁桃炎が慢性化したものが慢性扁桃炎ですが、突然急性化することもあり、これが繰り返される習慣性扁桃炎では、腎臓などからだの他の場所に病巣感染する場合があるそうです。

そのため、慢性扁桃腺炎にならないように、急性扁桃腺炎をしっかり治療することが大切となってきます。また、扁桃腺炎でないときも、栄養バランスの取れた食事をとり、休息、休眠をおこない、生活習慣を整え、手洗い、うがい、マスクなどをこまめにし、免疫力を付けておくことが大切です。

扁桃腺が痛い!原因と症状

顎から耳の下にかけて痛みがある

扁桃腺が腫れて痛いのに加えて、食べ物を飲み込むと、耳まで響くような痛みがあったという方、これは、扁桃腺の炎症の症状だそうです。

扁桃腺の外側に、迷走神経や舌咽神経等といった耳につながっている神経があります。そのため、喉の奥にある扁桃が腫れるだけでなく、扁桃周囲炎を起こしてしまうと、この迷走神経や舌咽神経などが刺激され、顎から耳にかけて痛みを感じるようになります。

痛みが広がっているということは、まだまだ悪化してしまう可能性があるので、早めに病院で治療を開始してもらうことが良いでしょう。

扁桃腺に白いものがあって、臭い

扁桃はアーモンドの種子に似ていて、表面に亀裂・陥没(腺窩)が多く、扁桃に多く存在する免疫細胞による防御に役立っていますが、その反面細菌がたまりやすく、感染源となる細菌の巣ができてしまうことも。また、食事の際の食べかすがたまり、細菌の栄養となってしまうことも多く、口臭の原因のひとつとなってしまっています。

これらの「食物残渣」に加えて、リンパ球や白血球などの老廃物がたまり、黄緑色や白色の固まり「膿栓」となってしまうケースもあります。この「膿栓」は咳をしたときに稀に飛び出すこともあり、「臭い玉」などと呼ばれ、悪臭を放ちます。

健康な人でも、膿栓があるのは、よくあることなので、そのままにしていても特に問題はないそうです。この文章を読んで、そんなのが自分ののどの奥に溜まっているのはいやだな~とおもったら、予防方法はあります。頻回のうがいがいいそうです。それでも完全にはとれないらしいので、耳鼻咽喉科でとってもらうこともできるそうです。

しかし、風邪などを引くと、のどの痛みが毎回出るような人は注意が必要です。扁桃腺が炎症を起こしやすくなっているからです。そんな人は、風邪を引いたかなと思ったら、早めに病院にかかるようにしましょう。

扁桃腺に白いつぶが表面に出てきたリ、白い膜をはったようなものがある

これは、扁桃腺が炎症を起こしている状態とのことです。
炎症がおこると、高い熱がでたり、喉がどんどん痛くなり、食事が飲み込めなくなってくることもあるそうです。この白いつぶや、膜がひどくなってくると、扁桃腺の周りにも炎症が広がり始め、扁桃周囲膿瘍という膿がたまってしまう状況にもなります。これは、扁桃腺を切開して、膿を出す必要がでてきます。

おかしいなと思ったら、早めに病院にいき、早めに治療することが大切です。

熱はないが、扁桃腺が痛い気がする

喉のどこの部分が痛むかにもよりますが、喉の奥が痛い場合は、扁桃腺ではなく、咽頭炎、喉頭炎の可能性があるそうです。扁桃腺が腫れると、熱がでるそうです。

扁桃腺が痛いときの病院での治療とは?

扁桃腺炎とは、合併症を併発する可能性があるので、早く治療するにこしたことはありません。安静にしてうがいやトローチなどで喉の炎症を鎮めながら、原因菌に適した抗生物質を服用して早めに治療をすることが大事です。迅速検査キットを使えば、溶連菌かどうかの判断はすぐにつきます。溶連菌の場合には長期間のペニシリンもしくはセフェム系の抗生剤の服用による除菌が必要で、途中でやめると腎臓などほかの臓器に影響が出る場合もあるので注意しましょう。

ウィルスが原因の場合には対症療法しかありませんが、ビタミンCや水分を摂り、安静にすることが大事です。ウィルスの中でも単純ヘルペスの場合にはアシクロビルなどの水疱瘡薬などで治療を行います。発熱や痛みは解熱鎮痛剤で緩和することで、栄養や水分を摂れるようにします。

ただ、扁桃腺炎を一年に何度も繰り返すようであれば、「慢性扁桃腺炎」になってしまうので、手術も視野に入れておく必要がでてくるそうです。

手術が必要となるのは、扁桃を腫らす頻度が非常に高い場合です。腎炎や間接リューマチなどの合併症を起こす病巣感染を防ぐ目的で、扁桃摘出術を行う場合があります。習慣性扁桃炎であり、年に4~5回以上扁桃炎を繰り返す場合や、嚥下に支障をきたしている場合など、医師から手術をすすめられることがあります。

扁桃腺が痛いときに処方される薬の注意点

扁桃腺が痛いのは多くの場合、溶連菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などが原因菌なので、これらの細菌は抗生物質の投与で死滅するそうです。しかし、自己判断で処方された薬を途中で飲まなくなったり、薬に抵抗力のある細菌だと、なかなか症状が改善せず、扁桃腺の周囲まで症状が悪化することもあるそうです。

ちなみにドラッグストアなどでおかれている風邪薬には、抗生物質が入っていないので、扁桃腺炎の原因菌を死滅させる効果はないそうです。

そのため、なかなか喉が痛い症状がなくならない場合には、早めに医療機関を受診するほうがよいでしょう。

漢方療法も有効

葛根湯

葛根湯とは主成分の「葛根(カッコン)」のほか、「麻黄(マオウ)」「生姜(ショウキョウ)」「大棗(タイソウ)」「桂皮(ケイヒ)」「芍薬(シャクヤク)」「甘草(カンゾウ)」の7種類の生薬からなる漢方薬の名称です。

この中の「甘草」は、アレルギー症状や炎症を抑える効能があるため、扁桃腺炎の初期症状に効果が期待できます。また「葛根湯」は効能の幅が広いため、風邪やインフルエンザの初期症状、肩こりや頭痛、蕁麻疹などにも効果があるとされています。

小柴胡湯、大柴胡湯

「柴胡」を含む処方を総称して柴胡剤といい、この中に小柴胡湯、大柴胡湯が含まれます。現代医学の消炎剤・鎮痛剤に相当する薬とされていて、どちらも扁桃腺の痛みに用いることがあるようです。

ただ漢方薬は同じ症状でも、体質などによって合う薬が異なります。小柴胡湯は体力が中程度の方に、大柴胡湯は体格がガッチリしていて、体力が充実している方に処方されるようです。

漢方薬はドラッグストアなどで手軽に手に入りますが、その人に合ったものを使用する必要があるため、病院で処方して貰うか、漢方薬局で漢方薬専門の薬剤師に相談することが勧められています。

桔梗湯

「桔梗湯」は「桔梗(キキョウ)」と「甘草」の2種類からなる漢方薬です。桔梗には痰や化膿を取り去ったり、肺や気管支の熱を和らげる作用があり、甘草には炎症や痛みを軽減する作用があるため、扁桃腺の痛みや腫れに効果を発揮します。また咳の緩和にも役立つという、嬉しい効能ももっています。

なお多くの漢方薬は投与する方の体力を見て処方を決めるようですが、この「桔梗湯」の場合は、体力のあるなしに関係なく服用できると言われています。

扁桃腺が痛いときによい食べ物とは?

喉が痛い時は、食事はもちろん、水分もとるのが大変だと思います。どちらかというと、温かい食べ物よりも、冷たい食べ物のほうが、のどを通るときに痛さを感じにくいといわれています。水分は摂っておかないと、脱水症状にもなりやすいので、出来るだけ水分は摂るようにしましょう。

はちみつを混ぜた冷たい牛乳や、ヨーグルトドリンク、アイスクリームやゼリー、具の入っていない冷製スープなど、少しずつでもとるように心がけましょう。

扁桃腺炎の予防法とは?

扁桃腺炎になる原因はもうお分かりだと思います。「風邪」と「免疫力の低下」と「喉の乾燥」だそうです。ということで、免疫力をつけて、喉を潤して、風邪を引きにくくすれば扁桃腺が痛くなることは少なくなるということです。

風邪の細菌などに感染しないようにする

①繊毛運動の促進…蒸気を吸入することで喉を湿らせ、細菌から喉を守り、感染を防ぐ
②手洗い&うがい…流水でよく手を洗い、うがいにより喉を洗い、湿らせることで細菌感染から守る
③60%以上の湿度…高い湿度を保つことで細菌やウィルスの感染を防ぐ
④換気・空気清浄機など…空気を清潔に保ち、こもらないようにする
④免疫力をおとさない生活…ストレスをためこまず、疲労回復に努めることで免疫力をあげる

免疫力をアップさせる

①睡眠・運動…たっぷりと睡眠をとって体を休め、適度な運動で免疫力をアップ
②栄養バランスの良い食事…体の隅々まで栄養を行きわたらせ、体力を落とさないようにする
③体を温める…体を冷やさないようにし、温めて免疫を高める

ビタミンCをはじめとするビタミン類を積極的に摂り、無理をせず体を休め、冷やさないように心がけましょう。

喉を乾燥させないよう保湿する

①就寝時のマスク着用…寝ている間に喉は乾燥しやすいので、マスクを着けて眠る
②なるべく鼻呼吸…口呼吸のくせがついていると喉が乾燥するので、なるべく鼻呼吸を
③たばこを吸う人はなるべく禁煙…炎症を起こしかけた喉にはたばこは厳禁です
④空気清浄機に加え、加湿器を…喉の乾燥は大敵、空気をきれいにするだけでなく湿度にも注意
⑤手洗いの際には必ずうがいを…菌やウィルスはのどの粘膜に付着したらすぐ流せば感染を防げます
⑥こまめに水を飲む…粘膜からの感染を防ぐため、喉を湿らせ、洗い流しましょう

過度の疲労は避ける

扁桃腺炎の予防には、過度の疲労を避けることが重要です。体が疲れていると抵抗力が低下するため、扁桃腺についた病原菌が増殖して炎症を起こし、扁桃腺炎を引き起こす可能性があります。

その予防のためには、その日の疲れはできるだけその日にとるように、睡眠をしっかりとることや、食事にも気を配る必要があります。また疲れていると思ったら、体も心もしっかり休めましょう。無理をすると後からツケが回ってくるので、自分の体調を把握して、無理をしないようにすることが大切です。

ストレスを溜めない

ストレスは免疫力を低下させる原因になるので、扁桃腺炎を引き起こすことがあります。ただ日々の生活の中でストレスを完全に避けることは難しいので、うまく発散させることが重要と言えます。

仕事でストレスがたまっているなら、仕事以外のことをする時間をとりましょう。夢中になれる趣味を見つけたり、休日に旅行に行くのもいいですね。まとまった時間がとれないという方は、好きな音楽を聴いたり、ゆっくりお風呂に入ったり、アロマを取り入れるなどの方法もあります。

ストレスを溜めないように、自分なりのストレス解消法を探しましょう。

扁桃腺が痛いときに効くツボとは

手首と足をつかったマッサージです。簡単な方法です。少しでものどの痛みが緩和できればと思います。

扁桃腺が痛い場合、内科?耳鼻科?

あなたの風邪は喉から?鼻から?それとも全身症状から?ということで、どちらがいいかといいますと、
咳や消化器にも症状が出ているようでしたら、内科に、
首から上の症状でしたら、耳鼻科に、
いかれるのがよいでしょう。喉や耳の奥が痛いとなると、首から上の専門的な診断をしてくれるでしょう。

扁桃腺が痛いまとめ

扁桃腺が痛いのをほっておくと、慢性化したり、合併症を起こしかねないので、「これはのどが痛いだけだから大丈夫」と自己判断でほっておかないことが大切です。病院に行く時間がないときは、こまめにうがいをし、それでも痛みが強くなるときは、やはり病院に行き、長引かせないようにしましょう。

また、自己判断で薬を中断してしまうと、症状がぶり返す恐れもあります。扁桃腺が痛いと、ご飯や水分が取れず、体力を消耗してしまい、さらに長引く恐れもあるので、早めに治療、早めに完治させ体力を取り戻したいものです。

-健康